• 介護つき有料老人ホーム
  • グループホーム
  • デイサービス・訪問介護・居宅介護支援
  • お問い合わせ

アクティブライフの日々是好日

 

アクティブライフでは、入社時に研修を受けて頂く事になっております

本日は、歩行介助について、研修を行いました。

 

研修の前半は視覚障害の方への介助です。

後半は足に負荷をかけて片麻痺の方の歩行について考える機会を設けています。

 

今回のブログでは、前半の視覚障害の方への介助の研修の様子をご紹介します

 

今回のテーマの目的としては、障害のある立場を体験し、こういう介助が欲しいな、

これは安心できたというようなことを体験することで、利用者理解につなげてほしい

という思いから実施しています。

 

研修参加者は交互にご利用者役・スタッフ役になり、歩行介助の一連の流れを

ロールプレイしました。

 

 

設定

 

○ご利用者役は視覚障害があるものの、身体的障害は無い。

(ゴーグル・アイマスクを着用し視覚障害を疑似体験)

 

○開始時は、普段お過ごしの居間にてイス・テーブルで寛がれている。

 

○スタッフ役が訪室し、居間から離れた所にある食堂へお連れする。

 

○途中、細い道を通るため、縦一列になる必要がある

(人が1人だけ通る事が可能な程度の細い道)

 

 

 

1+2+3

 

4+5

 

 

 

研修参加者の感想

 

~ご利用者役~

○普段のようなスピードや思い切りでは歩けない。フラフラする。

 

○「自分で歩いて行く」という意識ではなく、「連れて行かれる」イメージ。

 

○声掛けをしてもらう事ですごく安心出来る。前もって心構えが出来る。

 

 

~スタッフ役~

○歩行介助の際、誘導する役のはずの自分も余裕が無くなってしまい、

ご利用者役に不安感を与えてしまった。

 

○声掛けをする際に、言葉の統一が必要だと感じた。「~m」なのか「~歩」なのか。

→「~m」より、やはり「~歩」の方がわかりやすい。

 

○目で見る距離と実際に歩く距離との感覚の違いを再認識。

 

 

ご利用者が安心して好きな所へ行って頂けるような支援をしたいですね。
そのためには、ご利用者の性格・状態・習慣といった個別の情報の把握も必要です。
また、スタッフとご利用者、双方の信頼関係の大切さも今回の研修を通して理解して

頂けたかと思います。

アクティブライフでは、入社時に研修を受けて頂く事になっております

 

本日は、車イスについて、研修を行いました。

 

まずは車イスの役割・使用目的・点検方法について説明。

 

その後、車イスに乗る人・操作する人に役割を分けて、いくつかのシチュエーションで

 

体験していただきました。

 

 

シチュエーション

①「平地走行→狭い道→2cm程の段差」のルートを2パターンで

 

A:操作する人は無言で、かつ早いスピードで車イス操作

B:操作する人は乗る人に声掛けをしながら、スピードにも配慮して操作

 

 

1+2

 

 

②高さ30cm程の段差の上がり下がり

 

③坂・スロープの上がり下がり

 

 

3+4+5

 

 

参加者の感想

○無言で操作されると不安・恐怖に感じる

⇒自分で操作できず、身を任せている、動きが予測不能

 

○方向転換などのちょっとした時でも、声掛けがあると安心

 

○ブレーキのかけ外しの音・衝撃はこれまで無意識だったが、乗ってみると結構気になる

 

○自分の普段歩くスピードで押してしまいがち。だが、乗ってみると意外と速かった。

また、車イスと段差・ドアなどとの距離感がつかみにくい

 

○乗る人・操作する人、それぞれからお互いの表情・様子は見えにくい

⇒その分、こまめな声掛け(適切なトーン・スピード・タイミング)で

伝達しあう事が重要

 

○フットレストやブレーキの操作など、出来る事は本人にして頂く事を忘れずに

 

 

 

業務の中でも必要不可欠な車イス操作。実際に乗る人の立場も体験して頂いた事で

 

多くの気付き・発見があったようですね

 

 

 

アクティブライフでは、入社時に研修を受けて頂く事になっております。

 

本日は、認知症について研修を行いました。

 

認知症の方の事例を2つ、DVDでご紹介。

 

その事例を検証する事で、認知症への理解を深めて頂きました。

 

 

①+②

 

 

研修参加者の感想

 

ご本人とご家族とで気持ちの相違があり、その場合のケアの仕方が難しいと感じた。

ご本人優先とするが、ご家族へのフォローも必要。

 

普段からの信頼関係構築の重要性を再認識した。

 

認知症の方の退行(意識が若い頃の過去の自分に戻る)に驚いた。

 

 

私達にはわかりきれない部分もあるかもしれません。

 

しかし、プロとして相手の方の気持ち・意識を想像しながら、その方の状況に合わせた

 

寄り添うケアを提供していきたいですね。

 

 

アクティブライフでは、入社時に研修を受けて頂く事になっております

本日はCPRについて研修を行いました。

 

CPR=Cardio(心臓) Pulmonary(肺) Resuscitation(蘇生):心肺蘇生法

 

今回はCPRの手順・ポイントとAEDの使用方法を確認しました。

その後、トレーニング用の人形を使用し、実際に緊急時対応の流れを

ロールプレイで行いました。

 

 

手順 傷病者を発見したら…

 

①周囲の安全を確認し、傷病者に近づく。

②傷病者の意識の確認

③応援要請 ⇒ 119番連絡とAEDの依頼

④傷病者の呼吸確認

⑤胸骨圧迫

⑥人工呼吸

AED=Automated(自動) External(体外式) Defibrillator(除細動器)

 

 

 

①+②

 

③+④+⑤

 

 

AEDの使用方法

 

①電源を入れる

②音声ガイダンスに従って操作

③電極パッドを装着

④通電ボタンを押す

 

 

CPRは緊急状態にある人の発見時に、救急車到着までの処置としてとても重要です。

CPRのガイドラインは5年に1度更新されています。

 

 

万が一の時に備え、CPRの十分な理解、日頃からの訓練・心掛けの必要性を

感じて頂ける研修になりました。

 

 

アクティブライフでは、入社時に研修を受けて頂く事になっております

本日は、インスタントシニア体験をして頂きました。

 

加齢による身体的機能の低下や心理状態を実感、様々な気付きの機会を

持って頂く事が目的です。

以下の装身具を身に着け、日常動作(歩く、暗い場所へ行く、飲み物を飲む、本を読む…等)を行います。

 

 

使用した装身具・効果

①白内障用ゴーグル:視覚の変化、視野狭窄

②耳栓:聴覚の変化

③軍手:触角の変化、手先の不自由さ

④おもり(腕と足に装着):平衡感覚の変化、可動域の変化 

 

 

①+②

 

③+④

 

 

参加者の感想

視覚・聴覚が低下すると、情報が入りにくくなり、閉鎖的になる

 

自分だけの世界に閉じこもり、疎外感、あきらめも感じ、悪循環

 

ケガをしそうで、何をするのもこわごわ・受け身的。

  新しい事に挑戦する気が起きない

 

出来ない事を痛感し、無力・みじめな気分

 

他者からの優しい・気遣いの言葉も素直に受け取れない

 

 

高齢者は急激な変化ではなく、徐々に身体的機能が低下します。

少しずつ嫌な(機能低下の自覚・無力感)事・喪失体験の積み重ねとなって

しまいがちです。そして自分の価値を見出せなくなってしまいます。

 

高齢者は私達以上にこれまで多くの知識・経験をお持ちになられて来た方。

自信を喪失しないよう、敬い・尊敬の気持ちを持って接する事が大切です。

今回のインスタントシニア体験で実感された事を元に、それぞれのお仕事に繫げて頂けたらと思います。

 

 

1 2 3

最近の投稿

カテゴリー

以前の記事

  • イベント情報
  • メールマガジン
  • よくある質問